タイトル

依存症のカテゴリー

依存症のカテゴリー

治療システム

依存症は精神に作用する化学物質の摂取や、色々な快感や高揚感を感じる特定の行為を繰り返し行った結果、その刺激を求める抑えられない欲求である渇望が生まれ、その刺激がないと不快な精神的、身体的な症状が伴う状態になる誰でもなりうる脳の病気(障害)です。

依存症の行為で自分自身や周囲に害が出ていても「やめない」または「やめられない」状態になります。 依存症は1度病気になると、一生付き合っていかなければならない治らない病気です。進行性、慢性的な病気であり、適切な治療をすることで病気の進行を止めることができ、依存症から回復することはできますが、完治はありません。

治療が必要?

薬物依存経緯

依存症は糖尿病などと同じ慢性的な病気なので、一時的に止めることはできても、止め続けることはできません。どんなに強い意志や気合い、根性をだしても、周囲が愛情を持って助けようとしても、刑務所に服役しても、病気は治りません。社会では数多くの依存症者がいまだ適切な回復支援を受けずに、家族が抱え込み、精神病院、刑務所の往復を繰り返しています。 依存症の悪循環を回り続けることを断ち切るためには適切な治療が必要です。
適切な治療を適切な期間受ければ回復できる病気です。
病気であることを認識して本人や家族、周囲が気付いて対応しないと重症化します。

5.	体験談

バナー
バナー
バナー
バナー
バナー