タイトル

家族会とは

依存症者を抱えるご家族・パートナー・友人の方へ家族会で一緒に考えませんか?
依存症は病気です。愛では治りません。治療が必要です。
発病すると治らない進行性の恐ろしい病気です。

薬物・アルコール依存症は家族の在り方に悪影響(暴言暴力・経済的困窮・家族の混乱)をおよぼします。家族関係に悪循環が起こり、依存症者本人だけではなく、家族も共依存症という病気で苦しむので、依存症は別名、家族の病とも呼ばれています。
ご家族の中で依存症の問題を抱える人がいてお困りの方がいましたら、家族会を通して依存症の勉強、本人への対応法を学んでいきませんか。
周りが依存症の勉強をして対応を変えないと、状況は悪くなるばかりです。

家族向けプログラム

群馬ダルクはハワイ、アリゾナの薬物依存症回復支援施設へ家族向けのプログラム研修に行き、持ち帰った先進プログラムを翻訳、日本の文化に合う形にアレンジして開発した治療プログラムが多数あります。

依存症をはじめ共依存症について、ご家族の問題や共依存症行動の引き金、イネーブリングの理解、健康的で機能している家族と不健康的で機能不全家族の区別など、依存症者への正しい対応法を学ぶためにブレインストーミングやグループワークなどを通し学ぶプログラムが約20あります。
薬物・アルコール依存症者がご家族の中にいることで、ご家族も共依存症という病気が発病していきます。適切な対応法を学ばずに依存症者と接していると、共依存症の悪循環のサイクルを回り続け、本人とご家族も重症化していき、地域からも孤立していきます。
ご家族が変わると本人も変わります。適切な対応法をみんなと共に学んでいきましょう。ご家族が自分自身を大切に、幸せな人生を生きるために。家族会には解決策があります。

家族会日程

群馬DARC家族会 毎月第4日曜日 13:30~17:30
※日程に変更がある月もありますので、家族会日程表をご確認ください。
対象者:依存症を抱える家族・パートナー・友人の方
参加費:家族1組 2000円

家族会講師派遣依頼フォーム

必須お名前
必須メールアドレス
連絡先
お問い合わせ内容
  

依存症講座について

依存症のカテゴリーは、物質依存・行動依存・関係依存の3つがあります。薬物・アルコール依存症は物質依存になります。3つの依存症のカテゴリーを合わせると、依存症の種類は数多くあります。薬物依存でもギャンブル依存でも同じ依存症に変わりはありません。

全ての依存症に共通することは、1度病気になると一生向き合って生きていかなければいけなくなります。依存症は、発病したら治らない脳の病気(障害)です。
現状、依存症は本人の意志や性格の問題だと認識している人が多いです。依存症者の対応法が分からないまま重症化させ、周囲も巻き込まれていきます。依存症者とその家族が地域から孤立していく原因にもなります。
私たち群馬ダルクは依存症講座を通し、「依存症=病気」という正しい理解をうながす講座を定期的に開催しています。
参加対象は県民をはじめ、依存症者を抱えるご家族・周囲の皆さま、依存症の相談業務に従事する機会のある関係機関の皆さまです。
正しい認識の上で適切な対応をすれば、1人でも多くの依存症者を治療につなげ、救うことができます。適切な治療支援を受ければ、依存症に振り回されない生活習慣を身に着けて社会復帰することができます。依存症は治ることはありませんが、回復して良くなることはできます。依存症と向き合いながら、再発せずに生き続けることはできます。
1人でも多くの依存症者を治療につなげていくキッカケ作りをするため、皆さまの依存症講座のご参加を心よりお待ちしております。

依存症講座日程

予防・啓発活動・情報発信紹介


①予防・啓発活動

若年層向け 学校の薬物乱用防止の講演にて講師派遣をしています。
各種関係機関向け 薬物依存症の回復についての研修や講演で
講師派遣をしています。
薬物離脱教育 少年院・刑務所など矯正施設の薬物離脱教育に講師派遣をしています。
依存症講座 薬物依存症、共依存症に関するテーマで
開催しています。
プログラム提供 薬物依存症、共依存症に関するプログラムを
各地ダルク・家族会にて提供しています。
受刑者の身元引受 少年院・刑務所などの矯正施設の受刑者からの相談に応じ、手紙や面会を通して回復の方向へうながします。

②情報発信

フェイスブック https://www.facebook.com/gunmadarc/
ニュースレター 群馬DARCの活動や利用者の声を紹介しています。
(年4回発行)
群馬DARC通信を郵送希望の方はお問い合わせフォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

講師派遣依頼フォーム

必須お名前
必須メールアドレス
連絡先
お問い合わせ内容
  

依存症講座について

依存症のカテゴリーは、物質依存・行動依存・関係依存の3つがあります。薬物・アルコール依存症は物質依存になります。3つの依存症のカテゴリーを合わせると、依存症の種類は数多くあります。薬物依存でもギャンブル依存でも同じ依存症に変わりはありません。

全ての依存症に共通することは、1度病気になると一生向き合って生きていかなければいけなくなります。依存症は、発病したら治らない脳の病気(障害)です。
現状、依存症は本人の意志や性格の問題だと認識している人が多いです。依存症者の対応法が分からないまま重症化させ、周囲も巻き込まれていきます。依存症者とその家族が地域から孤立していく原因にもなります。
私たち群馬ダルクは依存症講座を通し、「依存症=病気」という正しい理解をうながす講座を定期的に開催しています。
参加対象は県民をはじめ、依存症者を抱えるご家族・周囲の皆さま、依存症の相談業務に従事する機会のある関係機関の皆さまです。
正しい認識の上で適切な対応をすれば、1人でも多くの依存症者を治療につなげ、救うことができます。適切な治療支援を受ければ、依存症に振り回されない生活習慣を身に着けて社会復帰することができます。依存症は治ることはありませんが、回復して良くなることはできます。依存症と向き合いながら、再発せずに生き続けることはできます。
1人でも多くの依存症者を治療につなげていくキッカケ作りをするため、皆さまの依存症講座のご参加を心よりお待ちしております。

依存症講座日程

バナー
バナー
バナー
バナー
バナー