タイトル

群馬ダルクとは

群馬DARCは2006年6月に群馬県高崎市日高町に開設しました。
古い日本家屋を2棟借り受け、定員20名ほどの中規模のDARCです。
回復初期段階・中期後期段階で棟がわかれて集団生活をしています。
DARCとは、Drug (薬物)のD、Addiction(嗜癖・病的依存)のA、Rehabilitation(回復)のR、Center (施設)のCを組みあわせた造語です。
DARCとは、薬物依存症者が回復するための支援施設です。
創設者は、近藤恒夫氏で、1985年に日本初の薬物依存症の民間リハビリセンターDARCを設立、現在は全国約80カ所以上のDARCが運営されています。
DARCの特徴は、施設長をはじめ職員も薬物依存症から回復途上の本人です。
依存症という共通の問題に共感でき、どのように問題と直面して乗り越えてきたのか、回復のよきアドバイザーになれます。
お互いに助け合い、1人で抱え込まないで共に解決していこうというセルフヘルプグループの原理に基づいてDARCは活動しています。

治療システム

➀Therapeutic Community 略してTC(治療共同体)
欧米の薬物依存症からの回復システムの1つで、依存症から回復途上の職員と依存症からの回復を目指す利用者(仲間)が集まり、明確な規則に従い、集団生活をします。
TC(治療共同体)の中で1~4フェーズの各プログラム段階にわかれて生活する段階制度を導入しており、治療共同体の中で社会的な組織構造をつくっています。
各フェーズでの責任と自由がはっきりと決まっています。
フェーズが上がるにつれて徐々に重要な役割を任され、自由も増えていきます。
それぞれの個別プログラムや役割分担にわかれて集団生活をして、責任を果たす上で生じる自己の問題と直面し、依存症に逃げない生活を送る練習をします。
今までの依存症の生活習慣、依存症の考え方や行動様式を改善して社会性を身につけることを目的としています。
②欧米の先進プログラム
欧米は日本に比べ薬物依存症の回復プログラムの普及が約20年以上進んでいるといわれています。 群馬DARCはハワイ、アリゾナの薬物依存症回復支援施設へ当事者向け、家族向けのプログラム研修に行き、持ち帰った先進プログラムを翻訳、日本の文化に合う形にアレンジして開発しました。 プログラム内容は、依存症の知識、自己の欠点や悪循環、病気の引き金、目標設定、共依存、認知行動情動療法、心理療法、12STEPプログラムなど、約49のプログラムがあります。

週間スケジュール


時間/曜日
7:45~ 起床
8:00~ 朝食
8:30~ 散歩 余暇時間
10:00~ TCプログラム ミーティング 12stepミーティング セルフケア/ボランティア活動 TCプログラム
11:30~ 昼食
12:00~ 余暇時間 ジム 余暇時間 ジム 余暇時間
13:00~ ハウスミーティング ハウスクリーニング ダルクミーティング/
メッセージ活動
ハウスミーティング ハウスクリーニング
14:30~ 余暇時間 DVD視聴(月末)
17:00~ 夕食
18:30~ NA 公民館ミーティング NA 余暇時間
22:00~ 日記
0:00~ 消灯

群馬ダルクの主な活動

・リハビリテーション施設の運営|・依存症に対する心理相談及び生活支援
・依存症に関する教育・ボランティア活動及び地域の美化活動・利用者の就労支援
・スポーツプログラム(ウォーキング、ランニング、筋トレ、水泳)
・依存症者を抱える家族及び関係者への情報提供・依存症講座開催
・薬物乱用防止活動として各地の学校にて講演
・各地のDARC・家族会・矯正施設・精神病院へのプログラムの情報提供
・海外の回復プログラムの研修と研究及び翻訳と開発

5.	定款・事業報告書・活動報告書

2019.06.18
平成30年度事業報告

2019.06.18
平成30年度活動計算書・賃借対照表

2019.06.18
NPO法人群馬ダルク 定款

6.	群馬DARC通信

群馬ダルクのFacebook

バナー
バナー
バナー
バナー
バナー