タイトル

「群馬ダルク研修」ハル

約3ヶ月間栃木ダルクから研修に行かせてもらいました。代表から研修に行くかと言われたときは、 人見知りをする自分にとっては正直言うと絶対行きたくないと言いたかったのですが強がって平気な振りをして行きますと答えていました。行く日が近づくにつれて不安でいっぱいでした。
当日、群ダルの仲間が那須ハイランドパークに遊びに来ていたのでそこまで施設長に送って行ってもらって群ダルの仲間と会いました。 会ったら会ったで皆、元気が良いしテンション高いし、皆、ムキムキだしこれから3ヶ月間、俺、大丈夫か?やっていけるか?!また、不安になってしまいました。 不安なまま群ダル、生活がスタートしました。
でも、そんな不安もすぐになくなりました。スタッフを始め、みんなが温かくてお互いを気遣いあってるんだけど言いたい事は言い合える家族みたいな関係がすごいなと思いました。 毎週月・水・金曜日にハウスミティーングをやってるんだけど、ただ注意事項とか予定を言うだけじゃなく自分の今の、気持ちとか 仲間に感謝の気持ちを言ったり今までの自分じゃ絶対に言えなかった事も徐々に言えるようになっていきました。 自分や仲間が今、何を考えていたり、悩んでいたり、怒っていたり、どういうことをされたら嫌な気持ちになるとかも ハウスミーティングやプログラムの中で話しあったりするので言いっぱなし、聞きっぱなしのミーティングや プログラムしかやっていなかったのですが相手の思ってる事もわかるし、自分の思ってる事も言えるので人間関係が苦手な自分にとっては、 ハウスミーティングはとても良かったです。
また、今までの自分だったら、絶対にやらないと思う事もやりました。1つは、筋トレで最初にやった次の日は、体中が痛くてもう、2度とやらない、やりたくないと思ってました。 でも、仲間がまたいっしょにやろうとか誘ってくれたりしたのでとりあえず3ヶ月間、研修中は1回も休まないでやろうと決めて初めの頃はやっていました。 2ヶ月ぐらい過ぎると筋肉痛も痛いんだけど何か気持ちのいい痛さに変わっていき、最初20Kぐらいしか上がらなかったダンベルも40Kぐらい上げられるようになっていきました。 自分には、出来ないと思っていたのに段々と上げられるようになっていって仲間からも励ましてもらっている内に筋トレが楽しくなっていきました。 この頃から群ダルを卒業して今は、通所で来ている仲間と今まではプログラムで週に2回だった筋トレを、NAを休んで(NAは、元々ほとんど行ってなかったけど)週3回行くようになりました。 最後の頃は、60K上げられるようになったのには、自分でもびっくりしています。
もう、1つはマラソン大会にでたことです。タイムは、全然良くありませんでしたが完走できました。これも、スタッフの人や仲間が自分の遅い走りのペースに合わせてくれて練習に付き合ってくれたおかげです。
群ダル生活3ヶ月間で本当に、色々な事を学びました。今までの自分は、施設で生活をしていても適当に楽しくやっていればいいやと言う気持ちがありました。 でも、群馬の仲間に出会って変わりました。仲間の大切さ、思いやりの心、感謝の気持ちが普通に口に出来るようになりました。
栃木に、帰って来てから4年間会っていなかった両親と再会させてもらったときも今まで影ながら見守ってくれてとは、言えなかったけど ありがとうって言えたのも感謝できるようになったからだと思っています。3ヶ月とゆう短い間だったけどこれからの自分にとって色々学ばせてもらいました。 群ダルの仲間に、本当に感謝です。お世話になりました。

バナー
バナー
バナー
バナー
バナー